ユーザ用ツール

サイト用ツール


もやし

もやし

言わずと知れた野菜の中でも最強格の激安種。
だいたい300gとか入りで、30円~40円など。
街のスーパー等では客引きのための目玉にすべく1袋7円セールなど、激安販売対象になりがちです。
セール品の目玉などで提供されることが多いため、原価割れ当たり前で、5円や10円など、まさかの価格のことも!!

もやしは激安野菜で、簡単に量も確保しやすいですが、残念ながら野菜の中でも、かなり足の速い食材であるため、日持ちしないので買い貯めができないのだけがネックです。
近場で買える場所を確保し、必要なたびに購入するのが無難です。


もやしとは

モヤシ (もやし、糵、萌やし) とは、主に穀類や豆類の種子を人為的に発芽させた新芽。ただし単に発芽させたものでなく、暗所で発芽させ、徒長軟化させたものである。より広い範囲をこれに含める見方もある。

呼称は「萌やす」 (発芽させる意) に由来する。発芽野菜(新芽野菜)を総称してスプラウト(英: Sprout)という。

スプラウトは生育方法により、アブラナ科のかいわれ大根などのグループとマメ科のモヤシなどのグループとに分けられ、前者が種から根を伸ばすのに対し、後者は頭部に種子を付けた状態で伸びていく違いがある[1]。また、栽培方法も、かいわれ大根などは茎が伸びた後は光を当てて栽培するのに対し、モヤシは光を当てることなく暗室のみで栽培するのが一般的である。豆類のモヤシはビーンズスプラウト(ビーンスプラウト、Bean sprout) ともいう。

もやしの主要な原料は大豆、緑豆、ブラックマッペなどである。ムラサキウマゴヤシ (アルファルファ) のもやし (糸もやし) やソバのもやし (そばもやし) もあり、サラダなどに使われている。中国ではエンドウをモヤシにした豆苗が栽培されており、欧米ではフェヌグリークやアルファルファなどの豆類ももやしも一般的である。


もやし料理


参考

もやし.txt · 最終更新: 2020/02/11 10:57 by moepapa