ユーザ用ツール

サイト用ツール


極限節約術

極限節約術

貧乏グルメ含め、節約生活を送るのに必要な各種技術、情報ですが、ここまでご説明してきた内容を、さらに一歩進め、もう究極の節約術までご紹介していきます。


裏商品

もはやこれは正当な商品でないので、状況次第で使えない手段ですが。
商品価値が低いために捨て値で売られていたり、場合によっては無料でもらえるものを活用。
多少人の目が痛い、等のデメリットはありますが、生きていくためには仕方なし!もしあればためらわずに活用しましょう。

牛脂
節約食材のページでも紹介しましたが、肉売り場でほぼ確実に無料で置いてあって、一応、「肉用にお使いください」とは書いてありますが、一緒じゃないともらえない、というものでもありません。
というか、気まずいですが、一応文句言われずもらうことはできます。
料理の際にひく油にも、また料理の際に十分材料の一部としても混ぜられますので、ぜひもらっておきましょう。
※さすがにこれだけもらって帰るのも不自然なので、上記特売や値引き品を買う時についでに、とかの方がよいですが

大根の葉
最近減ってきてしまいましたが、西友のような生鮮食品を扱うやや大きいスーパーでは、時折、大根を売り場に置く際に大量の葉をカットして横に置いてあって、もらうことができたりします。
昔は町の八百屋さんみたいな場所でも同じく、大根の他、葉っぱだけが捨てる扱いで置いてあり、店員さんに言ってもらったりできました。
※店によっては葉っぱを落としてなくて、でかい葉っぱつきで大根を売っていて、買う時に落とすか聞かれるところも

おから
大豆から豆腐を作る際に、豆乳を絞った残りの大豆カスの部分のことです。
絞った後でも、まだまだタンパク質豊富な大豆の本体であることには変わりありませんし、絞ってとれる豆乳の方がメインの商品になるため、おからは大変安価or無料でもらえたりします。

ひと昔前は、個人商店の豆腐屋が町中にあり、その店で豆腐の仕込みまでやっているとおからが山のように出て、頼むと無料でもらえたりしたものですが・・・
残念ながら今では、ほとんど個人商店の豆腐屋は、大量生産のスーパーに駆逐され、ほとんど無くなってしまいました。
おかげで工場生産が多くなり、おからも必然的にもらえなく、しいて言えば、おからを利用した料理とか、おから自体が他の食品よりはやや安価に販売しているくらいです。

・パンの耳<br />
こちらもおからに似た扱いですが、サンドイッチ屋などで、パンから商品を作る際に、大量にパンの耳が廃棄で発生しまして、
これもひと昔前ですと、パン屋の前のかごとかに山と置いてあって、ご自由にお持ちください、だったりしました。<br />
近年、世間の流れで、衛生面だったり、破棄して配る食品にも店の責任が、とかうるさく言われる世の中になってしまい、現在ではほとんどもらえなくなってしまいました。<br />
※一部店舗が安価で販売しているか、油で揚げておやつのようにして売っているか、くらいです<br /><br />
<h2>リサイクル</h2>
節約というか、もはやお金を一切かけずに食材を取得したくなった際のさらなる裏ワザ。<br /><br />
極限節約術.txt · 最終更新: 2020/02/12 01:04 by moepapa